アメリカの乾燥機事情

アメリカ生活情報

こんばんは。
ヒューストン暮らしのayakoです。

今回は、アメリカの乾燥機事情についてです。

この記事は、
【アメリカの乾燥機の使い方を知りたい方】におすすめです!

 

※記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。

 

おさらい:アメリカの洗濯事情

アメリカでは洗濯機と乾燥機の使用が主流

▶︎理由

  • 外干し禁止地域があるほど、外干し文化がない
    【理由:情景が損なわれることで、物件の価値が下がるため】
  • 洗濯機と乾燥機が備え付けの家が多い

 


かくいう我が家も備え付け

 

日本では洗濯物は干すというイメージで、乾燥機の使用は少数派ですよね。

でも、実際使ってみるとめちゃめちゃ便利で快適です!

 

カモさん
カモさん

干す時間を節約できるのが最高!

 

アメリカの乾燥機の注意点


アメリカの洗濯機と同様に、乾燥機もパワフル
です。

使用方法に注意して大切な衣類がボロボロにならないようにしましょう!

 

▶︎注意すべきポイント3選

  • 適切なモードを選択すること
  • 強さを調整すること
  • 下着は乾燥機にかけないこと
 
▶︎下着は自然乾燥がおすすめ

 アメリカの乾燥機は洗濯機と同じくパワフルです。
 優しいDelicatesモードがあるとはいえ、日本とはパワーが違います。
 あくまでアメリカ製の衣類向けなので、日本の衣類は痛みます。

 特に下着は、絶対に自然乾燥がおすすめです!
 (ayakoは日本でも自然乾燥派)

 
 下着屋さんで教わった下着の洗濯方法をご紹介します。

  ▷プロ直伝!下着の洗濯方法
     下着用洗剤で手洗い→脱水(2〜3分)→自然乾燥

 洗濯機や乾燥機を使用してしまうと、
 一発で下着が変形してしまうそうです!
 手洗いすると持ちが全然違うとのことでした。

 脱水は必要ですが、痛みが生じる行為です。
 ここで油断するとわざわざ手洗いした努力が水の泡に・・・
 パワーと時間は最小限にしましょう!

 日本の下着を愛用している方はぜひお試しください!

▼おすすめの下着の手洗い用洗剤

 

乾燥モードについて

まずは乾燥モードの説明です。

内容に応じてお好みのものを選びましょう。

基本パワフルなので、我が家の乾燥機はDelicateでも十分乾きます!

今回は、乾燥機の分かりにくい英語たちの説明をします。

乾燥モードの英語を解説


✔️Normal / Mixed Load

そこそこ丈夫な衣類の乾燥用。
我が家はいつもこのモードを使っています。
おすすめ:タオル、ジーンズ

 

✔️Cottons
綿製品の衣類の乾燥用。

 

✔️Easy Care
アイロンの必要のない衣類の乾燥用。

 

✔️Delicates
ニットやデリケートな素材の乾燥用。
我が家でも活躍しています。
おすすめ:おしゃれ着、日本の洋服

 

✔️Speed Dry
短時間での乾燥用。

 

✔️DeWrinkle
シワになりやすい衣類の乾燥用。
おすすめ:シャツ、シーツ

 

✔️Air Fluff / No Heat
衣類を乾かす目的ではなく、フカフカに毛羽立たせたいとき用。
ダメージはかなり少ないモードです。
おすすめ:寝具(毛布、布団、まくら)、コート

 

乾燥レベルについて

次に乾燥レベルの説明です。

乾燥モードでざっくりジャンルを選んだら、

好みに合わせて乾燥レベルの調整をしましょう。

衣類の痛みに関わるのでちゃんと選びましょう!

乾燥レベルの英語を解説


✔️level

乾燥レベル調整用。
選ぶレベルで乾燥のパワーが変わります。

 ▷Less Dry・・・軽めの乾燥
              おすすめ:おしゃれ着、アイロンが必要な衣類

 ▷Dry・・・そこそこ乾燥
        おすすめ:普段着、アイロン不要の衣類

 ▷More Dry・・・しっかり乾燥
               汚れは落ちるが痛みやすい
                    おすすめ:タオル、厚手でしっかりした衣類

 ※Damp(超軽め)もあります

 

✔️temp
温度の調整用。
選ぶレベルで乾燥する温度が変わります。
特に衣類の痛みに関わる重要ポイント!

 ▷Low・・・低温で優しく乾燥
       おすすめ:おしゃれ着

 ▷Medium・・・そこそこの温度で乾燥
          おすすめ:シワになりにくい衣類

 ▷High・・・高温でパワフルに乾燥
          おすすめ:丈夫な素材の衣類

※Extra Low(超低温)もあります

 

まとめ:アメリカの乾燥機事情

  • アメリカでは洗濯機と乾燥機の使用が主流
    一部の地域では外干し禁止
    多くの家で洗濯機と乾燥機が備え付け
    乾燥機のある生活は快適
  • アメリカの乾燥機も洗濯機同様、パワーに注意
  • 適切な乾燥モードと乾燥レベルを選ぼう
 
カモさん
カモさん

浮いた時間で優雅なひとときを

 

以上で終了です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

▼初心者の私と一緒に、ブログを始めてみませんか?

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました