海外駐在員は?子供は?日本のコロナ給付金10万円をもらえる対象者ついて調査!

アメリカ生活情報

こんばんは。
アメリカテキサス州在住のayakoです。

今回は、海外駐在員は?子供は?日本のコロナ給付金10万円をもらえる対象者ついて調査!です。

 

 

最近気になるホットな話題といえば・・・

日本政府によるコロナウイルス経済政策、10万円の給付金ですよね!

私も毎日そわそわしています。

理由は【駐在員がもらえるのか問題】が謎のままだから。

今回は、そのルールと対象者について調査してみました。

(※4月30日時点での情報をもとに作成)

 

この記事は、
【コロナ給付金10万円がもらえるかどうか知りたい方】におすすめです!
 

※記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。

 

 

話題のコロナ給付金とは?

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国で決定された経済対策のこと。

日本では、対象者1人につき10万円の給付金が支給されることが決定しました。

 

カモさん
カモさん

正式名は【特別定額給付金】だよ

 

もらえる人とは?

対象者の定義

 

この説明だと、よくわからない・・・。

こんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

▶︎対象者になるのか気になる人リスト

  • 生まれたばかりの子供は?
  • 亡くなった方は?
  • 外国人の場合は?
  • 海外に住んでいる場合は?(私のこと)

 

以下、総務省のHPに回答があったため引用します。

ひとつずつ確認してみましょう。

 

生まれたばかりの子供は?

 

4月27日(基準日)に生まれた子供は給付対象者となりますか。

  • 給付対象者となります。
  • 4月28日以降に生まれたお子さんは、給付対象者になりません。

出典:よくある質問【総務省 HP】

 

手続きが未完了でも、4月27日までに生まれた子供は10万円をもらえます。

 

亡くなった方は?

基準日以降に亡くなった人は、給付対象者となりますか。

  • 基準日(4月27日)以降に亡くなられた人についても、給付対象者となります。

出典:よくある質問【総務省 HP】

 

4月27日以降に亡くなった方も、10万円をもらえます。

 

外国人の場合は?

 

外国人は給付対象者ですか。

  • 住民基本台帳に記録されている外国人は、給付対象者となります。
  • 外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため、対象となりません。

出典:よくある質問【総務省 HP】

 

住民基本台帳に記録されていれば、国籍も関係なく10万円もらえます。

 

海外に住んでいる場合は?

基準日時点において日本で生活していたのですが、住民基本台帳に記録されていない場合は対象にならないのでしょうか。

  • 市区町村の窓口で住民票を復活させる手続をしていただくことにより、住民登録の復活が基準日より後であっても給付対象者となります。

 

海外に住んでいて、日本に帰ってきた場合は対象者となりますか。

  • 4月27日までに帰国して日本に居住されている場合は、給付対象者となります。
  • お住まいの市区町村で住民登録の手続をしてください。

出典:よくある質問【総務省 HP】

 

海外から日本に帰国した方についての記載しかありませんでした。

帰国していた場合、帰国後の手続きが未完了でも10万円もらえます。

 

カモさん
カモさん

あれ?気になる海外在住者については?

 

嫌な予感・・・。

そしてそれはまさに、的中してしまうのである。

 

海外駐在員など、海外在住の日本人はもらえる?

 

なかなかの大盤振舞いに見えるこの給付金。

もらえない人はいるのでしょうか。

お察しの通り、ここにいますよ。

そう、私のことだ(涙)

 

日本に住民票がない海外在住者はもらえない可能性が高い

海外赴任・留学につき住民票を抜いてしまった場合、給付対象外となります。

住民基本台帳に記載されている人とは、住民票が日本にある人のこと。

つまり、日本に住民票を残したまま海外に住んでいる人は対象ですが、多数派の住民票を抜いて海外に住んでいる人は給付対象外となります。

(※4月30日までの情報に基づく)

 

カモさん
カモさん

まじかよ!

 

でも、これはあくまで現状です。

私たちのような海外在住者からの声を受けて、動きがあるかもしれません。

今後の情報に注目です。

10万円給付を海外在留邦人にも、自民議員グループが提言【産経新聞 HP】

 

つまり、現状は厳しい。

たぶんもらえないけど、希望は捨てるな。

 

カモさん
カモさん

ずっちーな!

 

アメリカからももらえない場合も・・・

▶︎アメリカのコロナ給付金制度をざっくり説明

  • 対象者は年収75,000ドル(約820万円)以下の家庭
    ※2018年または2019年の確定申告がベースとなる

  • 金額は大人1人につき1,200ドル(約13万円)、子供1人につき500ドル(約5万円)

 

日本と違って所得制限があり、そこに確定申告も関わるため、アメリカに来たタイミングもポイント。

これらを踏まえると、海外駐在員はどこからも給付金をもらえない可能性も・・・。

 

課税される?

特別定額給付金は、課税対象となりますか。

  • 特別定額給付金は、法律により非課税になりますので、課税されません。

出典:よくある質問【総務省 HP】

 

今回の給付金の目的は、急に収入が減った方などを支援するというものであるため非課税のようです。

 

給付金に関するお問い合わせ先

 

その他のお問い合わせは、専用の窓口を利用しましょう。

【コールセンターの概要】
○連絡先 03-5638-5855
○応対時間 9:00~18:30 (土、日、祝日を除く)

※ 現在、大変多くのお問い合わせをいただいており、お電話がつながりにくい時間帯がございます。お電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しください。
※ なお、特別定額給付金(仮称)に関するお問い合わせは、上記コールセンター以外では、お受けいたしておりません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

出典:よくある質問【総務省 HP】

 

まとめ:海外駐在員は?子供は?日本のコロナ給付金10万円をもらえる対象者ついて調査!

  • 日本のコロナ給付金の正式名は【特別定額給付金】
    ひとりにつき10万円支給される制度
  • 対象者は、基準日(令和2年4月27日)に住民基本台帳に記録されている人
    ※基準日までに生まれた新生児も対象
      基準日以降に亡くなった方も対象
      住民基本台帳に記録されていれば、外国人も対象
  • 海外在住者は条件付きで対象
    ※基準日までに帰国している場合
      日本に住民票が残っている場合
      住民票を抜いている場合は対象外←私たち駐在員一家は当てはまりがち
    (これから動きがある可能性もあるため、最新情報を待とう)
 
カモさん
カモさん

みんな平等にもらいたいものだね

 
以上で終了です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 
 

▼アフターコロナの準備はお済みですか?

 

 

▼初心者の私と一緒に、ブログを始めてみませんか?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました