【アメリカで痛恨のミス】コーヒーカプセルをマシンなしで飲む方法

コーヒー アメリカ生活情報

こんばんは。
ヒューストン暮らしのayakoです。

今回は、【アメリカで痛恨のミス】コーヒーカプセルをマシンなしで飲む方法についてです。

 

この記事は、
【コーヒーカプセルだけでコーヒーを飲みたい方】におすすめです!
 
※記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。
 

アメリカではコーヒーカプセルの誤購入に注意

コーヒーカプセルにご用心

アメリカに来てから、家でコーヒーを淹れて飲んだことがありませんでした。

そんな我が家にもついに、お家でコーヒーを飲める日がやってきたのです。

(訳:今日の3時は初のコーヒータイム!気合の入り方がまるで違う)

 

しかし、事件は起きました。

 


記念すべき初おうちコーヒーはトレーダージョーズのもの

 

なにこの形・・・?

 

最初は「これがアメリカスタイルなのかな〜?」と思っていました。

しかし、上のフタは固くて開かないし、周りはプラスチックで覆われていてお湯は滲み出てこなそう。

 

カモさん
カモさん

嫌な予感・・・

 

よく見ると、

【FOR KEURIG】(コーヒーマシン)の文字が。

 

▼KEURIG(キューリグ)

 

 
はめられました。
 
そんなおしゃれな機械持っているわけないじゃん
 
 

 

この箱、どう見てもドリップコーヒーですよね!?

 
▼こういうやつ

 

 

とにかく今すぐにコーヒーが飲みたかったので、今回の返品はありえない。

残された道はただひとつ。

代替案を探すことである。

 

ちなみに中のパッケージはグッドデザイン

 
 

唯一の長所はパッケージのデザイン性。

開け口とジップロックが一体になったパッケージだけは、褒めてあげたい。

 

コーヒーカプセルをマシンなしで飲む方法

ペーパーフィルターを使おう

 

私は考えた。

コーヒー界で、最も安定感のある選手は誰だろう・・・?

そうだ、王道のペーパーフィルターを使ってみよう。

元の味通りとはいかないかもしれないが、きっとおいしく飲めるだろう。

泣くのはまだ早い。

 

今回使うのは(キッチン)ペーパーフィルター

 

なんとペーパーフィルターさえも持っていませんでした。

仕方ないのでキッチンペーパーで代用!

 

(キッチン)ペーパーフィルターでコーヒーを飲もう

キッチンペーパーの下準備

✔️キッチンペーパーを1枚用意


だいたい正方形

 

✔️半分に折る

 

 

✔️さらに半分に折る

 
すでに漂う勝ち試合感

 

✔️カップにセット

 

 

✔️両角を外側に折ったら完成!


形が崩れるのを防ぐために折るよ

 

コーヒーを淹れてみよう

✔️頑丈なコーヒーカプセルをハサミでこじ開ける

  

 

✔️コーヒー豆を(キッチン)ペーパーフィルターに入れる

 

 

ねぇ、なんか見たことあるよこの景色・・・!!

いいかんじである

 

✔️お湯を注ぐ

だが油断してはならない。

なぜなら、ここからが本番だからである。

 

まずは少量のお湯を注いでコーヒー豆を蒸らす(20〜30秒)

 

そのあとは焦らずちょっとずつ、ちょっとずつお湯を注いで・・・

 

✔️完成!

なんかそれっぽくできた

 

 

たどり着いた至福のコーヒータイム

無事、初のコーヒータイムを迎えることができた。

味もおいしい。諦めなくてよかった!

 

やっぱり疲れた3時はこうでなくっちゃ〜。

(※今日したこと:寝坊、しょっぱい親子丼づくり 以上)

 

カモさん
カモさん

ごほうび泥棒じゃん!

 

色々反省点もありますが、まあなんとかなるのもまた人生。

そう、何事もリカバリーが大事なのだ。

 

まとめ:【アメリカで痛恨のミス】コーヒーカプセルをマシンなしで飲む方法

  • コーヒーカプセルにご用心
  • コーヒーカプセルは、気合い次第でレギュラーコーヒーとして飲める
  • (キッチン)ペーパーフィルターは作れる
カモさん
カモさん

なんだかいつもとテイスト違くない?

 
以上で終了です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

▼初心者の私と一緒に、ブログを始めてみませんか?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました