【美容編】駐妻向け!日本からアメリカに持ってきてよかったもの①

アメリカ駐在準備

こんばんは。
ヒューストン暮らしのayakoです。
昨年から夫の駐在でアメリカに来ています。

今回は【美容編】駐妻向け!アメリカに持ってきてよかったもの①をご紹介します。

持ってきてよかったものシリーズは全3本立てでお届けします!

 

※記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。

 

肌に触れるものは持っていくべき

まずお伝えしたいのは、肌に触れるものは持っていくべきである
ということです。
肌に触れるものとは美容アイテム(スキンケア、ヘアケア、ボディケア)
です。


◇美容アイテムを持っていくべき理由◇

✔️硬水によって肌の変化を感じる可能性がある

 アメリカの水は硬水です。硬水のシャワーを毎日浴びることで
 肌と髪のかゆみや乾燥に悩む日本人は多く、私もその1人でした。
 毎日シャワーの後、痒みで顔が真っ赤になり悲しかったです。
 
 そんな中、愛用品のおかげで大きな肌荒れはなく済んだのではないか
 と考えています。
 
 ※後日軟水シャワーヘッドを購入することで根本から解決しました。
 (その話はまた別の記事にします)

✔️アメリカの製品が合うかどうかわからない

 肌が弱い方には特に注意が必要です。
 私も肌が弱い方で、日本では自分にぴったりなものを見つけるために
 お金と時間をかけてきました。

 アメリカ製品でもし肌にトラブルが起きた場合、
 駆けこめる皮膚科を探すのも大変でしょう。
 
✔️欲しい製品がアメリカで手に入るかどうかわからない

 日本製品はもちろん、海外製品も手に入るとは限りません。
 手に入ったとしても、割高の可能性があります。
 お気に入りのものは日本から持参しましょう。

 ※特にこだわりがない方もいらっしゃるかもしれませんが、
  最初は新しい環境で忙しい日々が予想されます。
  最低1つずつは持参することをおすすめします。

 
私の場合、約2年分の美容アイテムを事前に送りました。

理由は使用期限と、年に1回は一時帰国の予定があるためです。
日本に帰国した際にもう一度まとめて船便で送ろうと考えています。

ヒューストンの駐妻仲間にも調査しましたが、
ほとんどの方が美容アイテムを日本から持参していました!

持っていくべきもの4選

スキンケア用品

まずはスキンケア用品です。

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • クリーム
  • パック

使っているものは、きちんと保湿ができるなるべく成分がシンプルなアイテムと
悩みを解消してくれるアイテムです。
それぞれ日本で選びぬいた今の自分にとってベストなものです!

愛用品のストックという逃げ道があるうえで、
現地のスキンケアに挑戦するかどうか考えます。

 

カモさん
カモさん

面倒な方へ捧ぐ
オールインワンジェルだけは持っていくのがおすすめ!

 
▶︎安心ブランドちふれはコスパ◎
 オールインワンジェルのデビューにおすすめ

・美白もあります

 

※ヒューストンの近隣では、日本でも売っている肌ラボ、キールズ、ラロッシュポゼの一部は売っていました。

ネットショッピングで日本のものを仕入れるのもおすすめです。
送料はかかりますが、店頭で売っている商品よりも種類がとても多いです!

ドコデモHP

 

日焼け止め

アメリカで大きく変わったことはメイクの仕方です。
日焼け止めは最重要アイテムになりました!

絶対に日焼けしたくないので、日本で選び抜いた品を事前に送っておきました。

アメリカにも日焼け止め(サンシールド)は売っていますが、
日本では馴染みのないSPF50越えのものもたくさん売っており、
肌負担は大丈夫なのかどうか不安になってしまいます・・・。
本当はまた1から探すのがめんどくさい

 

◇私の日焼け止めセレクション◇

▶︎顔用

  • お出かけ用・・・リベル  UVプロテクト SPF50  PA+++
  • アウトドア用・・・ラロッシュポゼ 
    UVイデアXLプロテクショントーンアップ  SPF50+  PA++++
  • 日常用・・・エリクシールルフレ 
    バランシング
    おしろいミルク SPF50+  PA++++

▶︎身体用

  • ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35  PA+++
  • ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50  PA+++

顔用と身体用で用意しています。
顔用は仕上がりが違うものを持ってきて使い分けています。
身体用は安くてたっぷり使えるものにしました。

 

カモさん
カモさん

面倒な方へ捧ぐ
最低でもUVカットできる乳液だけは持っていくのがおすすめ!
(エリクシールルフレのおしろいミルクもおすすめ)

 

 

 

 

 

ヘアケア用品

硬水で髪がキシキシしやすくなりました。
お気に入りのシャンプーやトリートメントを持参することをおすすめします。

私の場合、クオリティとコスパ重視でヘアケア用品を厳選しました。
中でも地肌と髪をサラサラにしてくれるシャンプーは1000mlでこの値段。
本当におすすめなのでぜひチェックしてみてください↓

 

 

ボディケア用品

日本でおなじみのダブやニベアのボディウォッシュはアメリカで購入可能です。

私は牛乳石鹸が大好きで、日本では毎日使っておりました。
日本の石鹸は売っていないので、多く持ってきて正解でした◎
石鹸派の方には便利な石鹸置きもおすすめです。

 

 

また、ハンドクリームやボディクリームもアメリカにたくさん売っていますが、
香りが強いのが苦手な方もいらっしゃると思います。
そんな方はお気に入りのものをいくつか持参すると安心ですよ。

 

カモさん
カモさん

面倒な方へ捧ぐ
全身に使える保湿アイテム
だけは持っていくのがおすすめ!

 

私のお気に入りは、トリロジーのエブリシングバームです。

こちらは手にも身体にも顔にも髪にも使える万能バームで、家でも移動中でも
大活躍です!(アメリカに来る飛行機でもお世話になりました。)

本当にいい香りで癒されます・・・
見た目もこんなに可愛いのです!

アメリカでトリロジーの他の製品は売られているのを確認したのですが、
エブリシングバームは見たことがありません。
(ニュージーランドの製品)

とりあえず1つ保湿アイテムを持っておきたい方におすすめです。
かさばらずどこでも大活躍してくれますよ!

 

よく考えて後悔しないアイテム選びを

美容アイテム選びは、その人の個性が出るものだと思います。
アメリカでも美容アイテム自体は手に入ります。
でも、できれば慎重になっていただきたいです。

何か起こってからのリカバリーが日本以上に難しいからです。

特にスキンケア。

世の中にはいろんな説があります。
高いスキンケア意味ない説、化粧水は安いものをたっぷり使った方がいい説、
スキンケア不要説、シャンプー不要説・・・

全部試しました。(肌悩みをどうにか解消したかったため)
結果、私の場合はある程度スキンケアをした方が調子がいいです。

私、昔はブツブツ肌でした。
24歳の頃、肌が大荒れしたのです・・・。
今後の人生でお肌のミスは絶対にしたくありません。

ただでさえ紫外線が強いアメリカ。
アラサーという年齢的にもお肌の変化が気になってきています。

たとえスキンケアにこだわった意味がなかったとしても、安いものを使ってる人の方が
お肌が綺麗だったとしても、諦めずに今できることは全部やりたいです。
お肌への後悔は二度としたくないと思っています。


皆さんも後悔のないようにしてくださいね!
by元ブツブツ

まとめ:【美容編】日本からアメリカに持ってきてよかったもの

  • スキンケア用品(面倒ならオールインワンジェル
  • 日焼け止め  (面倒ならUVカットできる乳液)
  • ヘアケア用品
  • ボディケア用品(面倒なら全身に使える保湿アイテム)

肌につける美容アイテムは持って行こう!

カモさん
カモさん

女性は大変だ!
男性陣も理解してあげようね!

 

以上で【美容編】駐妻向け!アメリカに持ってきてよかったもの①は終わります。

次回は【王道編】駐妻向け!アメリカに持ってきてよかったもの②です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

▼気になる!話題のクレンジング

【ビオデルマ サンシビオ エイチツーオーD】

 

▼初心者の私と一緒に、ブログを始めてみませんか?

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました