アメリカの郵便局で国内郵便を出す方法

アメリカ手続き

こんばんは。
ヒューストン暮らしのayakoです。

今回は、アメリカの郵便局で国内郵便を出す方法です。

▷参考:【アトランタ・テネシー・アラバマ・テキサス便利帳Vol.15】

▷参考:USPS公式HP

※最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

アメリカの郵便局とは?

アメリカの郵便局はUSPS(United States Postal Service)と呼ばれています。

窓口ではパスポートの申請もすることができます。

営業時間は場所により異なるので、最寄りの郵便局を確認しておきましょう。

▷最寄りの郵便局検索:Find Locations【USPS HP】

アメリカの国内郵便の王道3種類

アメリカ国内郵便の一般的な郵便サービスは3種類あります。

▷各サイズの詳細: Postal Explorer【USPS HP】

First-Class Mail(ファーストクラスメール)

軽い封書やポストカードを送るのにおすすめ!

✔️普通郵便
国内のほとんどの場所に1〜3日で配達される

✔️金額とサイズ:下記種類参照
最大重量:13oz(369g)
このサイズ内ならば一番安く送ることができる

✔️紛失や損傷による商品の被害に最高5,000ドルの保険付き

✔️追跡サービス(Tracking)や保険などは付いていない
※有料で追加可能

 

▶︎First-Class Mailの種類
(※以下サイズ表記は全て1以上の場合小数点以下切り捨て)

  • 普通はがき/Postcards
    料金:0.35ドル
    サイズ:縦8×横12×厚さ0.017〜縦10×横15×厚さ0.04センチ
    ※往復はがきは返信用の料金要

  • 普通封筒/Letter
    料金:0.55ドル(1oz)〜1ドル(3.5oz)
    サイズ:縦8×横12×厚さ0.017〜縦15×横29×厚さ0.635センチ
    ※封書は市販のNO.10の封筒サイズを使いましょう
     変形封筒を使用した場合には、追加料金がかかります
    ※〜1ozは普通封筒、3.5oz〜は大型封筒または小包扱い
     
  • 定形外郵便/Nonmachinable Surcharge
    封筒が普通封書のサイズ外などの場合、追加料金が必要

  • 大型封筒/Large Envelopes
    料金:1ドル(1oz)〜2.8ドル(13oz)
    サイズ:縦15×横29×厚さ0.635〜縦30×横38×厚さ1センチ

  • 小包/Percels
    料金:3.66ドル(1oz)〜6.27ドル(13oz)
    サイズ:長さと胴回りの合計が274センチ以下
    ※重さと配達距離によって金額が変わる
    ※大型封筒で曲げられないものや、厚さが均一でないものも小包扱い
 

Priority Mail(プライオリティメール)

重要書類や大きなサイズのものを送るときにおすすめ!

✔️普通郵便と速達郵便の中間のようなもの
国内のほとんどの場所に3営業日以内で配達される

✔️料金:7.35ドル(1lb)〜(重さと配達距離によって計算される)
サイズ:長さと胴回りの合計が274センチ以下
最大重量:70lb(31.8kg)

✔️専用の封筒や箱などは無料で郵便局でもらえる
▷専用ラベル:【LABEL228】
※普通の箱や封筒も使用可能


無料で専用の封筒や箱がもらえる置き場所(空でした・・・)

 

▶︎番外編(こんな均一料金サービスもあります)

  • Priority Mail Flat Rate Envelopes
    金額:7.35ドル
    サイズ:縦31×横24センチ

  • Priority Mail Small Flat Rate Boxes
    金額:7.90ドル
    サイズ:縦21×横13×厚さ4センチ

  • Priority Mail Medium Flat Rate Boxes
    金額:14.35ドル
    サイズ:2種類あり
    ①縦27×横21×厚さ13センチ
    ②縦34×横30×厚さ8センチ

  • Priority Mail Large Flat Rate Boxes
    金額:19.95ドル
    サイズ:縦30×横30×厚さ13センチ

 

Priority Mail Express(プライオリティメールエクスプレス)

急ぎの書類やものを送るときにおすすめ!

✔️速達郵便
国内のほとんどの場所に翌日の正午もしくは午後3時までに配達

✔️料金:26.35ドル(1lb≒453g)〜(重さと配達距離によって計算される)
サイズ:長さと胴回りの合計が274センチまで
最大重量:70lb(31.8kg)

✔️追跡サービス(Tracking)付き
▷確認先:Search or Track Packages【USPS】

✔️100ドルまでの保険付き(内容に応じて5,000ドルまで追加可能)

✔️有料で時間指定も可能
午前10時半までの配達・・・別途5ドル
日曜・祝日の配達・・・別途12.50ドル

✔️専用の封筒や箱などは無料で郵便局でもらえる
▷専用ラベル:【LABEL 11-B, PRIORITY MAIL EXPRESS】
※普通の箱や封筒も使用可能

 

▶︎番外編(こんな均一料金サービスもあります)

  • Priority Mail Express Flat Rate Envelopes 
    指定の封筒を使う均一料金サービス。宛先や重量に関わらず定額。
    料金:25.50ドル
    サイズ:縦31×横24センチ

 

その他のサービス

郵便小包

ギフトや商品など貴重な品物を送るときにおすすめ!

✔️2~8日で配達される

✔️金額:6.65ドル〜(重さと配達距離によって計算される)
サイズ:長さと胴回りの合計が330センチまで
最大重量:70lb(31.8kg)

メディアメール(Media Mail)

記録媒体(書籍、CD、DVDなど)を送るときにおすすめ!

✔️2~8日で配達される

✔️金額:2.63ドル〜(金額は重さと配達距離によって計算される)
サイズ:長さと胴回りの合計が274センチまで
最大重量:70lb(31.8kg) 

特別なサービス

配達証明郵便(Certified Mail)

郵送期限のある郵便物を送るときにおすすめ!

荷物を発送した証明書が発行できるサービス(追加料金:3.35ドル)
配達状況を確認できるため、レシート(Mailing Receipt)の保管が必要
▷専用ラベル:PS Form 3800(郵便局備え付け)

オンライン郵便サービス

郵便局に行くのが難しい方におすすめ!

郵便局に行かなくても、オンラインで郵便の手配ができるサービスがあります。

このサービスのメリットは、無料で荷物のピックアップサービスを受けられることです!

▶︎他にできること

  • 無料の箱を注文
  • ラベルをプリント
  • ピックアップの予約

▷作成先:Print Postage Labels from Anywhere【USPS HP】

セルフサービスの機械について

一部の大きめな郵便局には、このようなセルフサービスの機械が設置されています。

この機械を使うと、窓口に並ばずに郵便料金分のラベル印刷やクレジットカードでの支払いが可能です!

 

カモさん
カモさん

便利な世の中

まとめ:アメリカの郵便局で国内郵便を出す方法

  • アメリカの郵便局はUSPSと呼ばれ、パスポートの発行業務も担っている

  • アメリカ国内郵便の王道は3種類
    First-Class Mail/Priority Mail/Priority Mail Express

  • 他にも発送サービス、証明書サービス、オンラインサービスなどがある

  • 一部の郵便局にはセルフサービスの機械あり、窓口に並ぶ必要がなく便利
 
カモさん
カモさん

早く慣れたい仕組み

以上で終了です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

▼初心者の私と一緒に、ブログを始めてみませんか?

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました